中国語作品で読む 黄金の三角地帯とタイ北部 解説

黄金の三角地帯はなぜ人々を惹きつけたのか

 ゴールデントライアングルでのケシの栽培、麻薬が渦巻く黄金の三角地帯などと言えば、八十年代の東南アジアを旅する若者にとっては、とても大きなロマンであった。通常の観光ルートから離れて、未知の世界に飛び込んでみたいという冒険心を大いに刺激したものである。

 なぜだろうか。麻薬自体が日本では一般的ではなく、ジャングルでの武装闘争、国境を自由に越えて暗躍する麻薬組織、など、日本ではあり得ないことどもが一体となって醸し出す不思議な魅力。間違えれば命を落としかねないものこそが、冒険と呼べるとすれば、それは、究極の旅になるはずだ。

 そうして、当時、多くの日本の若者がこうした世界に惹かれていったのである。もちろん、それは旅人だけではない。メディアにしても同じことである。人がやれないことをやって、初めて自分に価値が出る。壁一枚向こうの非日常に、自分の可能性をぶつけて、一回り大きくなって日常に凱旋することを夢見ていたのであろうか。

 現実的にたどり着けるような近場にあって、しかも、世界最高レベルの危険な香りを放つ黄金の三角地帯は、こうした目的地としては最高の場所であった。七十年代、「人類史上もっとも自由に報道できる最後の戦争」と言われたベトナム戦争が終わり、行き場を失った情熱は東南アジア各地に分散したが、黄金の三角地帯はこうした対象の代表的存在であった。

黄金の三角地帯もの出版ブーム

 そうした中で、八十~九十年にかけて、少なくない著作が世に出された。もちろん、その陰には、日の目を見ることのなかった、無名無数のフォトジャーナリストたちの、悲喜こもごもの活躍があったはずだ。

 これらの著作には、センセーショナリズムの追求と、情報力や分析力の欠如という、決定的な特徴と共通性があった。センセーショナリズムの追求は、刺激がなければ注意を引くことのない日本の受け手のせいかもしれない。また、分析力の欠如は、百聞は一見にしかずを合い言葉に、飛び込むことこそがいちばんとされ、調べてみれば百見は一聞に如かずのことでも、とにかく飛び込むことを正当化する必要に駆られてのことかもしれない。同情の余地は大いにあるが、飛び込む期間が短いのだ。見てきたぞ、書いたぞ、そうか、よし読むぞ!で、内容は?というのが正直な感想だ。※ただし、これはすごいぞ!と思えた作品もある。たとえば、関係書としては、吉田敏浩氏の「森の回廊」や、高野秀行氏の「アヘン王国潜入記」がある。ぜひご一読をお勧めしたい。中国語作品にもこれほど強烈な本はないと思っている。

 実際、細々とした分析は、取材のぼろが出るもととなり、元々そのようなことになんら興味を持っていない受け手を退屈にさせる。テレビであれば、リモコンのスイッチ一つで捨てられてしまう。本当に黄金の三角地帯を知ろうとしても、こうした作品群が、その著者の伝奇としてはおもしろくても、知識としてはほぼ供することがない。浅薄な内容は、こうした問題点が読後に表面化した結果に過ぎないし、ここから「なぜ」の答えを得ることはできないのである。

 さらに、我々日本人は、この地域を知る上で、先天的ともいうべき弱点を抱えている。それは、我々はいくら努力して近づこうとしても、国境を接していない、当事者との関連性がないという越えがたい一線である。この一線は努力では埋まらないのではあるまいか。

中国人と黄金の三角地帯

 黄金の三角地帯と国境を接していて、その上、陸路から広がる血縁関係を持っている。この条件は中国人にこそ当てはまる。この血縁関係は、そのまま、中国人の子孫、もしくは、中国人そのものといってもよい人物が、黄金の三角地帯の主要なプレイヤーになっていることからも窺える。中国人とは、実は定義の難しい「人間」なのだが、中国人は黄金の三角地帯の当事者なのである。

 これは、別な言い方をすれば、二つの特徴を示している。中国人である以上、親戚の親戚や、友人の友人をたどっていけば、いつかは、こうした人物に接しうるという血縁的連続性。もう一つは、陸続きである以上、極論だが、国境を越えて歩いて行けば、そこはいつか黄金の三角地帯であるという地理的連続性である。中国人の視点はここを起点にしていると思われるのだ。

 また、黄金の三角地帯の主要なプレーヤーに中国人が多いことは、こうしたテーマを追求する中国人著者の多さとも相まって、こうした著作にも影響を及ぼさないはずがない。麻薬王に母国語で取材できるジャーナリストというのは、考えてみるとすごいことである。外から眺める客観と、内側から眺める主観。この二つの視点を兼ね備えうる点も重要だ。中国人と黄金の三角地帯は、近すぎても国籍が違えば他人であり、遠すぎても完全には無縁たりえないという、微妙な感覚で繋がっているのである。

 このことは、我々日本人が所詮は海を隔てたよそ者でしかないという点と比較すれば、黄金の三角地帯に関して、彼らの見方を借用することの有用性が理解できるであろう。実際、中国人が書き記した黄金の三角地帯ものは少なくない。もちろん、中国人だから全員無条件にすんなりと入れるという話をしているのではない。

 たとえば、上述の日本の二作品は、まず受け入れられる過程から説明されている。そこからしてすでに物語になっているぐらい大変な苦労をしている。現地での体験はそれからだ。よそ者のままで体験するか、よそ者とはいえ仲間に入れてもらってから体験するか、この違いは報告の質に決定的な影響を与えると考えられる。

 しかし、取材者(来訪者とよんでもいい)が相手と同じ言葉を話す民族であればどうなっていたであろうか。どのように辿り着き、どのようにその地の人々と付き合うだろうか。たとえば、高野秀行氏の「アヘン王国潜入記」や、「西南シルクロードは密林に消える」には、高野氏がやっとのことで辿り着いた場所に、中国の大学を出た人や、出稼ぎの中国人がいるというシーンも出てくる。取材者から見れば、この人たちは、すでに「当事者」と呼んで差し支えないのではないか。

黄金の三角地帯と中国語作品

 そうした中国人の立場が描き出す黄金の三角地帯とはどんなものか。そして、その視点を借用することで、我々が理解できることは何か。

 中国アマゾンで、黄金の三角地帯の中国語「金三角」で検索してみると、麻薬、犯罪、歴史などはともかく、経済開発や観光までもテーマとなっていて、およそ三十タイトルほど出てくる。

 驚くべきは、そのうち少なくないタイトルは、出版年度がまだ新しいということである。大陸の出版が比較的自由になったのが最近であるから、そんな皮肉もいえるが、自由な出版が早い時期から許されていた台湾でも、少なくないタイトルが出版されている。九十年代前半までに、関連する新刊が姿を消した日本とは大きな違いである。

 この情況が示しているのは、中国人にとって、黄金の三角地帯は、過去のみならず、いまだに生きているという動かしがたい事実であろう。接しているという現実は、武器や麻薬の運搬の容易さ、犯罪の容易な浸透など、マイナス面ばかりではない。旅行や経済交流などプラス面の作用も大きいのである。

 我々はこうした情報から、今も現在形で変化し続ける、生き物の如き黄金の三角地帯を見ることができるのである。

黄金の四角地帯へ 中国の復帰

 近年の中国の経済発展については、賛否両論あれどその現実を否定することは難しい。そして、中国は東南アジアに対して圧倒的な力で経済関係を深めている。

 国境貿易や国際河川の共同開発、投資や貿易協定など、これでもかとばかりに繰り返される中国の対東南アジア進出は、九十年代になってからこの黄金の三角地帯に、中国という一角を加えた、「黄金の四角地帯」という呼び名を生んだ。

 また、ミャンマーやその他インドシナ諸国に対する浸透なども、いまでは当たり前になっている。北タイでは、中国人が大陸から乗り付けてきた、見慣れない国際ナンバーの自家用車を見かけることも多くなった。

 観光開発や経済開発は、中国と周辺国にとってのメリットとなっており、好むと好まざるとを問わず、このことは、不可逆的な現実になっている。観光や経済開発に関する出版物が多いのは、このような現実と関わりがある話でもあるのだ。しかしそれは、一朝一夕に始まった出来事ではなく、中国と東南アジアの過去、そして、冷戦などの戦後史が染みついているのである。

 訳文閲読の前に解説を試みるという形で、順番が逆になってしまったが、今回取り上げる二冊は、そうした情況が現出する前の、下地ともいうべき現代史のある段階を、詳しく描き出したものといえる作品である。




カテゴリ
Facebook Page
検索フォーム
ブログ記事一覧
プロフィール

deguchik

Author:deguchik
中国語で書かれた作品から、北タイやビルマ(ミャンマー)シャン州、黄金の三角地帯(ゴールデントライアングル)の歴史や風物を読み解いていきます。
個人のFACEBOOKページ
このサイトのFACEBOOKページ

Contact/ご連絡

Your name/お名前:
Your E-mail/メール:
Subject/件名:
Message/本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR