シャン州をさまよった女流作家 曾焔の伝奇小説 解説

>>>シャン州をさまよった女流作家 曾焔の伝奇小説 作品一覧へ

 
 
 金三角辺区荒城の第四十一章に登場する女流作家曾焔は、今でも台湾で活躍する作家である。雲南省昆明に生まれ育ち、文化大革命後期にはビルマ国境地帯にある、雲南省瑞麗県の農村へ知識青年として下放され、その後、ビルマシャン州から北部タイへ逃げてきたという経験を持つ。つまり、黄金の三角地帯をさまよった経験を持っているわけである。この曾焔の作品をご紹介する前に、人民中国成立後のタイ北部への中国人流入について触れておきたい。

 文化大革命は、中国本土からタイ北部へ多くの中国人が移動してきたという意味で、人民中国の成立時とならぶ一つの大きな節目であった。メーサロンなどの町には多くの中国系住民が住んでいるが、彼らは決して全部が中国国民党関係者というわけではなく、メーサロンなどへの移住が始まってからも間断なく流入してきている中国系住民も多い。墓誌を見ればわかることが多いのだが、たとえば、出身地が、雲南省でもビルマ国境に近い地域の場合、大陸反攻時に身を投じた人々であることが多い。

 だが彼らの来歴は多様である。上述の国民党軍が大陸反攻の時期や、ビルマシャン州において作戦中に徴募されたコーカン系中国人青年たちであったり、曾焔のように中緬国境の農村に下放されたあとに中国を脱出した者。そのほか、国際共産主義運動に共鳴してビルマ共産党に投じた後に、現実に幻滅して転向した者、または、文革の混乱を避けて本土から避難してきた人たちなど、さまざまな中国人である。

 また、こうした中国人だけではなく、軍に身を投じた多くの少数民族の存在も忘れてはならない。彼らは今でこそ中国語を操るが、もともとは中国人ではない。また、このように、いろいろな民族がいろいろな形で寄り集まるのが、シャン州、北タイ、雲南省に共通するこの地域の特色でもあるといえるだろう。

 話を中国人に戻す。その受け入れる側の国民党関係者にとっては、自らのコミュニティーにおける中国文化維持のために必要な「人材」として、彼らがメーサロンなどの地に残留することを希望するなら、教育など、自分たちが苦手とする分野を中心に、イデオロギーなど細かいことを問わず、同じ中国人同士という寛容な理屈で、彼らを積極的に受け入れてきたといわれている。
>>>金三角辺区荒城三十八「文化の砂漠」を参照

 そしてこの曾焔もそうした「人材」の一人となったようだ。彼女は昆明市の東風中学高中部(私が留学時代に住んでいた家のすぐ近所らしい)在学中に、下放を経験して、その後も中国へ戻らず、シャン州経由でタイに脱出してきたのは冒頭の経緯のとおりである。当時、メーサロンなどタイ北部には多くの中国人学校があり、教員の不足は深刻な問題であった。多くの国民党兵士は、満足な教育を受けておらず、第二世代の中国語教育にはどうしても外部からの人材が必要であった。そのうち、一つの方法は、台湾からのボランティアに期待することであり、もう一つはこうした、脱出してきた人材を教員として採用することであった。

 彼女はメーサロンの興華中学と、クンサーの拠点として金三角辺区荒城にも登場するバーンヒンテークの大同中学で教鞭を執り、同時にそのころからすでに執筆活動を始めている。そうした履歴および境遇と、前人未踏ともいうべきシャン州奥地での見聞を伝奇小説にまとめることで、彼女は作家として他の作家が真似のできない特殊なポジションを築いたといえるだろう。

 教鞭を執り、小説を執筆し、のどかな山塞に暮らす日々。だが、そうした平和な生活は、タイ軍によるバーンヒンテーク攻撃時に、夫が銃撃戦に巻き込まれて死亡するという事件を契機に大きく変わる。メーサロンにもバーンヒンテークにも戻れなくなった彼女は、台湾へ脱出して作家活動を続けている。
>>>金三角辺区荒城四十一「女流作家曾焔」を参照

以下は、大陸でも発行されて話題となった曾焔の「闖蕩金三角」に掲載されているプロフィールである。

曾焔(女性)

 一九五二年雲南省昆明に生まれる。元、昆明東風中学高等学部生。一九六九年十二月、雲南辺境の瑞麗県へ下放される。一九七〇年二月からビルマ各地を転々とした後、一九七四年一月タイに入り、タイ北部のメーサロン興華中学および、バーンヒンテーク大同中学にて中国語教員を務める。一九八三年六月台湾に居を定め、台湾大学中国語学部に学び、同時に台湾の青年新聞社で編集者として働く。

 一九七四年から創作活動を開始。台湾にて、七彩玉、風雨塵沙、百宝丹、怒江滾滾など長編小説、短編小説集、散文集、ルポルタージュを合わせて二十数作品を出版し、いくつもの賞を受賞。現在も青年新聞社の編集者を務める。

シャン州をさまよった女流作家 曾焔の伝奇小説 作品一覧へ




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイ・ミャンマー国境
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
Facebook Page
検索フォーム
ブログ記事一覧
プロフィール

deguchik

Author:deguchik
中国語で書かれた作品から、北タイやビルマ(ミャンマー)シャン州、黄金の三角地帯(ゴールデントライアングル)の歴史や風物を読み解いていきます。
個人のFACEBOOKページ
このサイトのFACEBOOKページ

Contact/ご連絡

Your name/お名前:
Your E-mail/メール:
Subject/件名:
Message/本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR