スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島の主権は誰のものかという議論

 発売中です:異域 中国共産党に挑んだ男たちの物語 単行本のご案内



 先日石原都知事の「東京都が尖閣諸島を買い取る」発言がありました。

 今後こうした気になる情報を、書籍刊行キャンペーンをかねて、コラムふうに書いていくことも多いと思いますが、先日このサイトで出している原稿をまとめた中国関係の書籍である「異域 中国共産党に挑んだ男たちの物語」が出たばかりで、何とも旬なタイミングの慎太郎さんです。

 まだ見てませんけど、2ちゃんとかでもこの手の発言に喰い付く人が多いでしょうし。国がしっかりしないと、問題はすぐにこういうことになるといういい見本です。「異域」では解説の部分で日中関係にも少々触れていますが、まずは相手を知るところから始めようという考え方です。

 そのニュースは当然台湾でも流れました。このリンクは聯合報サイトからの引用です。
訪美演說 石原:東京都5.5億買釣島【聯合報╱東京特派員陳世昌/17日電】

 台湾聯合報の記事のサイトに投票「あなたは釣魚台(尖閣諸島)の主権は誰のものだと思いますか?」がありましたので、読者のみなさんと共有したいと思います。

投票主題:你認為釣魚台的主權是誰的?

こちらはキャプチャしたその画面
vote1.jpeg


 台湾の投票では日本の領土と考える人が多いのが印象的です。大陸中国の主権と考える人が、日本の主権と考える人のおよそ倍います。台湾の主権と考える人もいて、台湾でのこの問題は、単純な二元論というわけでもなさそうです。冷静に話し合う余地がある相手とそうでない相手がいることもなんとなく窺えます。

 ここからわかるのは、1,尖閣諸島問題の当事者が三者(日本、中華民国、中華人民共和国)あること、2,各当事者の中にも、自国のものと考えない人がいるということです。推測ですが、台湾人の中には日本と考える人がかなりいるのですが、これには「大陸にやるぐらいなら日本に持っていてもらう方がよい」と考えている人がいるかもしれません。台湾から見て大陸と反対側に共産党が領有する島があるというのは、何とも気持ちの悪いものでしょうから、そうだとしてもそれはじゅうぶん理解できる心境です。

 ちなみに聯合報のサイトは、大陸からはブロックされています。

 また、細かいことですが、どうして大陸が一番上なんだ!と怒る日本愛国者のみなさんがいるかもしれませんが、これは(依筆順琲序)とあり、つまり筆順で一番上に来ているようです。

 でもこれ、日本人も投票できるようになっています。私は日本の主権がおよぶ地域と考えているので、日本を選び投票しました。投票の方法は簡単です。



投票の手順はこうです。

まずこの投票サイトに行って、1で主権を持っていると考える国を選び、2の数値を入力して投票をクリック。これだけです。

vote2.jpeg


 もし日本人が大挙投票したら、今は台湾と大陸を足すと日本とほぼ同数ですが、この数字がどう変わるのか。もちろん、日本人でも日本の主権がおよばないと考えている人がいるでしょうから一概には言えませんが、このような投票からさまざまな面が見えてくるものです。

 しかし、ブロックされている大陸が数の上ではいちばん多いはずです。統計や投票がしっかりとした前提で客観的に行われなければ、数や規模の大きい方が勝つのは目に見えています。世論とか国民感情とか、こうしたものの正体を垣間見る思いですが、これは国際社会での発言力とも相似しているようです。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
Facebook Page
検索フォーム
ブログ記事一覧
プロフィール

deguchik

Author:deguchik
中国語で書かれた作品から、北タイやビルマ(ミャンマー)シャン州、黄金の三角地帯(ゴールデントライアングル)の歴史や風物を読み解いていきます。
個人のFACEBOOKページ
このサイトのFACEBOOKページ

Contact/ご連絡

Your name/お名前:
Your E-mail/メール:
Subject/件名:
Message/本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。