【番外編3】 その1 メーサロンの場所

  
タイ国チェンライ県メーファールアン郡メーサロン。これがメーサロンの場所である。ビルマとの国境から20キロメートル足らず。どうしてここに中国人の村が築かれたのか。そのいきさつについては、こちらを参照。

ここに辿り着くにはいくつか方法があるのだが、出発地によって便利な行き方が異なる。まず、メーサロンがどこにあるか。Google Mapのリンクを張っておいたので、お好みに応じて拡大縮小して、まずは場所を確認していただきたい。

メサロン(メーサロン)

本サイト、中国語作品で読む 黄金の三角地帯とタイ北部でも、曾焔の作品を中心に70年代のメーサロンを舞台にした短編を多数収録している。この曾焔の短編を紹介したのは、メーサロンが拓かれた時代の空気を現代に結びつけてみたいという試みでもあるのでぜひご覧いただきたい。

  • シャン州をさまよった女流作家曾焔 目次一覧

    中国語作品で読む 黄金の三角地帯とタイ北部 メーサロンの全景MaeSarongPhoto006.jpg
    メーサロン全景

    さらに、いくつか、面白い記事がネット上にあったので、そちらも参考にしていただきたい。ネット上でも「黄金の三角地帯」「メーサロン」「国民党」「雲南人」といったキーワード(の組み合わせ)でわりとたくさん見つかる。古い記事もあるが、それはそれで読む価値があるといえる。写真が入っていれば、街の変わりようなどもよくわかる。

    変身した落人村 タイ・ミャンマー国境地帯

    ミシマガジン遊牧夫婦第42回メーサロンの不思議な歴史



    【中国語作品で読む 黄金の三角地帯とタイ北部 番外編3 その2】メーサロンへの行き方(ソンテウ)へ








    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : タイ・ミャンマー国境
    ジャンル : 海外情報

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    カテゴリ
    Facebook Page
    検索フォーム
    ブログ記事一覧
    プロフィール

    deguchik

    Author:deguchik
    中国語で書かれた作品から、北タイやビルマ(ミャンマー)シャン州、黄金の三角地帯(ゴールデントライアングル)の歴史や風物を読み解いていきます。
    個人のFACEBOOKページ
    このサイトのFACEBOOKページ

    Contact/ご連絡

    Your name/お名前:
    Your E-mail/メール:
    Subject/件名:
    Message/本文:

    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR