スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異域 中国共産党に挑んだ男たちの物語 単行本のご案内

本ブログで紹介している柏楊著「異域」が、「異域 中国共産党に挑んだ男たちの物語」として単行本になりました。今まで全文を紹介することができませんでしたが、これでやっと皆様にご覧いただけます。

黄金の三角地帯は、内戦と閉鎖的な政権が長く続いたため、その戦略的な重要性や豊かな文化の存在にもかかわらず、関連書籍が極めて少ない分野です。インドシナや中国、東南アジア研究の観点からも、さらなる類書の登場が望まれています。訳者として、読者さま個人による収蔵はもとより、できるだけ多くの図書館等にも所蔵され、本書が少しでも長く、その露払いとしての役割を果たし続けることを切に望んでいます。

ご理解とご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。


著者柏楊に関してはWikiのページをご参照下さい

syiyucover.jpg

アマゾンのページへ(レビューもご参照いただけます)

紀伊国屋書店Bookweb

オンライン書店bk1




中国では発禁!「20世紀の中国語小説ベスト100」の名著を初邦訳

戦場は阿片栽培で悪名高い「黄金の三角地帯」。
前面の敵は中国共産軍、後方はビルマ軍。
「孤軍」は四面楚歌となるが、それでも挫けない。
 これは国民党軍による、もう一つの「長征」だ。--森詠

                          作家森詠さんによる帯の文




 一九四九年、大陸に中華人民共和国が成立した。蒋介石率いる国民党は南京を捨て台湾へ逃れる。一方、西へ逃げた国民党軍は包囲殲滅されたが、突破に成功した約千人の部隊がビルマへと逃げ、共産党を打倒すべく、血みどろの明日なき戦いに挑む・・・「醜い中国人」で知られる著名な作家・柏楊が、中国奥地とビルマで戦われた国共内戦を題材に、その知られざる戦争と、兵士たちの悲哀を描き、香港亜州週刊で「20世紀中国語小説ベスト100」にも選ばれた、歴史的ベストセラーを初邦訳!

- 内容紹介 -

一群被遺忘的人,他們戰死,便與草木同朽。他們戰勝,仍是天地不容。

  忘れ去られた一群の人々。戦死すれば草木とともに朽ち果てる。
  だが、戦に勝っても、この天地に彼らの身の置き場はなかった。

 中国大陸に共産党政権が成立してから、およそ十年の年月が過ぎていた。任務を帯びてタイの首都バンコクに潜伏する一人の男、克保。彼は、やがて黄金の三角地帯と呼ばれるようになる、中国とタイの間に跨る広大な地域《異域》で、血みどろの遊撃戦に明け暮れる、悲しき戦士たち《孤軍》の一人であった。人々に忘れ去られた戦争、苦悩、悲劇、戦友、家族そして挫折。彼の述懐とともに、かつて、わずか千人で《巨龍》中国共産党に挑んだ、悲しくも熱き男たちの知られざる戦いが語られる。

 巻末の解説では、台湾撤退後もタイ北部に残留した、国民党軍部隊のその後についても詳しく説明。翻訳と解説を合わせて、黄金の三角地帯の空白の歴史と、国民党軍とその子孫たちが歩んできた知られざる歴史について余すことなく紹介した。

- 本書のもくじ -

 第一章 共産中国成立 昆明失陥、大潰走、雲南彷徨 ………………9
 第二章 運命の四時間 祖国脱出、ビルマへの撤退 …………………79
 第三章 ビルマ軍との死闘 第一次中緬大戦 …………………………97
 第四章 雲南反攻作戦 孤軍、祖国の土を踏む………………………123
  付録一 克保が編集者に寄せた手紙【一】…………………………185
 第五章 孤軍絶体絶命の危機 第二次中緬大戦………………………191
 第六章 バンコク四カ国会議 勝利、異域撤退へ……………………243
  付録二 克保が編集者に寄せた手紙【二】…………………………272
 解説 作品「異域」と、彼らのその後についての若干の余話………279
 関連年表……………………………………………………………………298
 訳者あとがき………………………………………………………………300

- 著者&訳者 -

著者 柏楊(ボー ヤン)
1920年生まれ、本籍河南省。共産中国が成立後に逃れた台湾で、1950年代から郭衣洞のペンネームで執筆活動を開始。1960年代からはペンネームを柏楊に変更、以来、詩や随筆をはじめ、中国社会の闇を描いた報道文学や歴史書など多彩な創作活動で知られる。戒厳令下の台湾では国家転覆の罪をきせられ政治犯として収容された。主な著作に、日本でも『醜い中国人』(光文社刊)の書名でベストセラーとなった『醜陋的中国人』や『柏楊版資治通鑑』など。2008年死去。

訳者 出口一幸(デグチ カズユキ)
1967年東京生まれ。1997~1998年中国雲南師範大学。NPO法人理事、会社役員、制作プロダクションプロデューサー、企業サイトプランナー等を歴任。貿易・投資コンサルタント。翻訳者。

- 書籍の体裁、価格など -

四六判 304ページ上製
定価:1,800円+税
発行者:第三書館
ISBN 978-4-8074-1210-5 C0097

※上記内容は本書刊行時のものです。

アマゾンへ(レビューもご参照いただけます)
スポンサーサイト

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ
Facebook Page
検索フォーム
ブログ記事一覧
プロフィール

deguchik

Author:deguchik
中国語で書かれた作品から、北タイやビルマ(ミャンマー)シャン州、黄金の三角地帯(ゴールデントライアングル)の歴史や風物を読み解いていきます。
個人のFACEBOOKページ
このサイトのFACEBOOKページ

Contact/ご連絡

Your name/お名前:
Your E-mail/メール:
Subject/件名:
Message/本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。